Twitterはこちら

【要注意】青色申告の新ルール!対策しないと10万円の控除ダウン【令和2年度から】

青色申告の新ルール!対策しないと10万円の控除ダウンビジネス
おこ丸
おこ丸

青色申告の控除額が変わるって聞きました。
何をすれば良いか分かりません!

先生
先生

令和2年度から適用です!
何もしないと控除額が10万円減額されてしまいますよ。

この記事でわかること
  • 青色申告特別控除額の改正点が分かる
  • 基礎控除額の改正点が分かる
  • 改正後の青色申告特別控除の適用条件が分かる

改正①:青色申告の控除額が65万円→55万円に改正

平成30年度の税法改正で、フリーランスや個人事業主が申請している青色申告に大きな変更が加えられました。

今回の変更点に対応しないまま例年通りの青色申告を行うと、現行よりも控除額が10万円少なくなる結果となります。

青色申告特別控除の改正点

現行:65万円 → 改正後:55万円

今年から始まった適用条件を満たせば、従来通り最大65万円まで控除できるので対策が必要。ちなみに青色申告特別控除10万円を受け取っている方は、要件に改正がありません。

改正①:基礎控除額が48万円に改正

同じく平成30年度の税法改正で基礎控除額も改正されました。
基礎控除額の改正に伴う、申請者側の対応は不要です。

基礎控除額の改正点

現行:38万円 → 改正後:48万円

売上額に対して最大48万円まで、令和2年度からの青色申告で適用されます。

対策①:e-taxで電子申告しよう

「(改正後)55 万円の青色申告特別控除」の適用要件というものがあり、対策①が青色申告をe-taxで電子申告することです。

必要なもの
  • マイナンバーカード
  • ICカードリーダライタ又はスマートフォン
  • 国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で申告書を作成

おすすめのカードリーダーを紹介しておきます。
悩んだ末、おこ丸はNTTコミュニケーションズの「ACR39-NTTCom」を利用していますよ。

控除額を65万円に適用する条件
  • e-taxで電子申告する
  • 所定の期間内に申告する

税務署に確認したのですが、e-taxを期限内に申告すれば特に事前手続きなどは不要と仰っていました。

ここでポイントなのは期限内に電子申告すること。

たとえe-taxで電子申告しても期限が過ぎた場合は、自動的に改正後の控除額55万円が適用されるので気を付けましょう。

対策②:電子帳簿保存を行う

2つ目の「(改正後)55 万円の青色申告特別控除」の適用要件で、電子帳簿保存を行う方法があります。

電子帳簿保存の適用条件は事前準備が必要です。

国税庁が発行した周知ポスターで適用条件を確認しましょう。

➢ 一定の要件の下で帳簿を電子データのままで保存できる制度です。この制度の適用を受けるには、
帳簿の備付けを開始する日の3か月前の日までに申請書を税務署に提出する必要があります。
※ 原則として課税期間の途中から適用することはできません。
➢ 令和2年分の所得税確定申告から、65 万円控除を受けるためには、その年中の事業に係る仕訳帳
及び総勘定元帳について、税務署長の承認を受けて電磁的記録による備付け及び保存を行う必要があり
ます。

出典:国税庁の資料 令和2年分の所得税確定申告書から65万円の青色申告特別控除の適用条件が変わります

ここでお気づきでしょうか?
令和2年度青色申告の対象期間は令和1年1月1日~令和1年12月31日まで。

帳簿開始の3か月前までに税務署に申請し税務署長の承認を受けることは、この記事を読んでいる時点で不可能です!

さすがに国税庁も気づいており、移行期間として令和2年分だけ特定条件を設けていますのでご安心ください。

国税庁が発行した周知ポスターで令和2年度だけの特定条件を確認しましょう。

令和2年分に限っては、
令和2年 9 月 30 日までに承認申請書を提出し、同年中に承認を受けて、同年 12 月 31 日までの間に、仕訳帳及び総勘定元帳の電磁的記録による備付け及び保存を行うことで、65 万円の青色申告特別控除を受けることができます。

出典:国税庁 令和2年分の所得税確定申告書から65万円の青色申告特別控除の適用条件が変わります

令和2年分から電子帳簿保存の承認を受けて、青色申告控除額を65万円適用を受けたい方は、以下のスケジュールで対応してください。

電子帳簿保存の必要なこと
  • 令和2年9月30日まで
    管轄の税務署にて申請を行う
  • 令和2年12月31日まで
    仕訳帳及び総勘定元帳の電磁的記録による備付け及び保存を行う

以上を守ると令和2年度から電子帳簿保存の承認を受けて青色申告控除額を65万円適用を受けることができます。

対策はe-taxまたは電子帳簿保存のどちらか1つでOK

令和2年分確定申告から65 万円の青色申告特別控除を受けるための要件は、

e-taxで電子申告する」または「電子帳簿保存」を行うこと。

それぞれ事前準備や対応スケジュールが異なるので、自分はどちらの対策を行うのか決めて早めに準備しましょう。

まとめ:対策すると最大113万円の控除される!

どうしてもe-taxによる電子申告が難しい場合や2つの対策を併用したい方以外は、まずe-taxによる電子申告の準備をおすすめします。

平成30年度の税法改正により、賢く対策することで最大113万円の控除を受けることができるようになりました。

現行従来通り電子申告
or
電子帳簿保存
青色申告特別控除65万円55万円65万円
基礎控除額38万円48万円48万円
合計控除額103万円103万円113万円
出典:国税庁 令和2年分の所得税確定申告書から65万円の青色申告特別控除の適用条件が変わります
おこ丸
おこ丸

e-taxで期限内に電子申告するのが簡単ですよ!

先生
先生

年末にバタバタしないように今から準備しましょうね。

コメント